この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

節約でも安全

いよいよ導入

宅配ボックスの設置は、電気工事不要な物もあります。
簡単に設置して専用の金具固定でOKの数万円の宅配ボックスもあります。
お店を掛け持ちなどして探しまわっても気にいるかどうかもわからないため、ネットでとりあえず探して、商品の比較や価格の相場を知ることで機能を選びましょう。
折りたためるタイプの簡易な宅配ボックスは数千円で購入できますが、用途を選ぶかもしれません。
宅配ボックスの場所を知らせるシールを貼ったり、アイデアも必須です。
とにかく商品が盗まれたり悪戯されないように、場所を確保しましょう。
施錠を破れないような、固定して動かしいにくい頑強であるイメージを与えそうな仕上げにして、フェンスや壁に打ち込んでワイヤーで固定すると安心です。

多忙からの普段の習慣

カギ類は、暗証番号で作動する物やオンラインの施錠など色々ありますが、家族の年齢も考えて使える物にする方が、早く帰宅した人に頼めます。
ネットでの買い物に熱狂的になり過ぎて習慣化してしまうと、一週間毎日配達されると、宅配が届くのが心にまで重く感じることになり、精神衛生上は良くありません。
また宅配の荷物が多いと宅配ボックスにも収まりきれないことから、共有の大きなマンションの宅配ボックスは他の住民から苦情などがくると困るので、マナーとして受け取りが遅れないように徹底しないといけません。
遅れるとそのために宅配ボックス数が減るので、使い方をマークされることになると、トラブルの元です。
暗証番号を忘れないようにしなければいけません。
宛先人を確認せずに開封など、間違えのトラブルがあった時はおおごとです。