この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

未然に防ぐ措置

取り揃え

ネット操作で、産地直送の新鮮商品や各地の名菓もすぐに買えて便利です。
値段も思ったほど高くなく、配送料が気にかかる程度で手に入れられます。
宅配も定着し種類が増えて、外食産業の宅配からお弁当まで、特別な日でなくても家事の軽減に役立っています。
また高齢者などの力がない人も、食料品でもお米などの重い物やかさばる物を宅配で補っています。
持ち帰れない備品等は、比較してもネットの長所がよくわかります。
ネットで大量に購入するなどで時間も手間も節約できて、家計にもやさしいところがいいのかもしれません。
取り付け作業の必要な大型家電製品を大手電気量販店で購入の場合に気をつけないといけないのは、作業工事会社は作業だけで来て、先に家電商品を自宅で宅配便受け取りする場合があるからです。
お店の人と相談してとり決めましょう。

危惧されること

これだけ個人情報保護がなされている時代に入って十数年以上でも、今だ一人っきりでも傲慢に他人のプライバシーを悪用する人がいるので、目を離すことができません。
あんまり横柄な態度がひどすぎて呆れますが、そういう人に限って自身を過大評価していて犯罪という意識がありません。
知らない他人を家に入れないのは当然のことですが、宅配ボックスや伝票の管理は敷地内でも家の外にしか設置できないので保管時間も夜までで、危惧される時はやめておくことです。
空き巣も玄関や門柱にマークを入れて計画するという噂もあり、みすみす外に出しっぱなしで放置状態の宅配ボックスにならないようには気をつけないといけません。
盗まないでと話しかけるロボットでも完成してくれれば、泥棒もしのげるかも。